自担に干されがちの運命を背負っている私ですが、自担こと松村北斗くんに今世紀最大のファンサいただきました!!!!

正直、いろんな人がもうSixTONESの「JAPONICA STYLE」がヤバイってブログを書いているからよくね!?って思ったんですけど、私の心のハードディスクに収まりきらないっていうか、私の心のハードディスクすぐ容量無くなって忘れてくので備忘録として残すよ!ちなみに、全然話がまとまってない!

 

まぁ、なんでしょう。

「JAPONICA STYLE」やばい(語彙皆無)

 

いや、皆無にもなりますよ。なりますって。だって、自分の推しているジュニア(SixTONES)が「和装×洋装×布」で勝負挑んできたんだよ?やばくない?(頭の悪そうな発言)布って何?ってなるでしょ?布なんですよ。布。

もうこのブログを読まれている方はどんな衣装着ているかはご存じだと思うのであれですが、ご存じない方は今すぐツイッターで「JAPONICA STYLE」で画像検索レッツゴー!!「わああ!!」って声出るから!!ジャニヲタ大好きだよああいう衣装!!

でも「JAPONICA STYLE」(以下ジャポ)は曲調もいい。早く少クラでやってくれ。ジャポが足りなさすぎて本当に生きるのに支障出てる。

でこぽんさんと「少年たち」を最初に見に行った日から、ジャポに人生狂わされまくっているので、既に合計4回見に行ってしまいました。これ、ヤバイなって思う。

何がやばいって、4回も見に行くようなほど魅力的な舞台であり演出であったということ、それをジャニーズJr.が成し遂げているって言う事がヤバイ、まぁつまりすごいなって思ったわけです。だって、デビューしてないのにそんなに人を魅了しちゃう力持ってるってヤバない!??!?(語彙力とは)

と、いうのも。

私と、いつもコンサートを一緒に見に行くブログ名物でこぽんさん(以下でこさん)は基本的にどんなコンサートでも2回見れば十分だと思っているタイプで、むしろ2回が限界派だったんですよ。2回見れば1度目は全体の把握、2回目は見たいところを優先的に見る。とすると、そんなに回数いかなくてもいいんです。演出がガラっと変わるわけでも無いし。今まで2回以上見たいと思ったコンサートは10年間で2回、関ジャニ∞の「関ジャニズムコンサート」とジャニーズWESTの「1stドームLIVE 24から感謝届けますコンサート」だけ。これも、あともう1回は見たかったな、というくらいでしたが。

「少年たち」はそれを越えてきたんですよ。いや、少年たちというか「JAPONICA STYLE」なんだけど。何回か見ているのに、もっと見たい、もっと見たいってなるんです。ジャポという魔力に取りつかれてるね??

さてそんなジャポの魔力に取りつかれて人生狂わされている私とでこぽんさん、狂わされているので、和歌山に行ってきました!え、どうやってって?どうやってでしょうね!

観光も含めて和歌山の「少年たちLIVE」昼の部と夜の部2回入ったんですが、事件は夜の部でおきました。

基本的に自担に干される運命を背負っているので、ジャニストのコンサート行けば淳太くんは全然見れないし、NEWSのコンサート行けば加藤さんも絶対見えない。かろうじてエイトのコンサートで横山さんが目の前に止まったのは奇跡だったのかもしれないと思う。

極め付け今年の「Jr.祭り」で奇跡的にバクステ側最前列という好立地を引き当てて「Oh,my god!!!!!!!!」って絶叫したよ。そりゃ、そりゃーーこんないいところだったら北斗くん絶対1回は見れる!!!!YES!!!!!って喜ぶじゃん?超喜ぶじゃん???

こなかったよね。

一度も通らないっていう悲劇ですよ。

いや、これ本当に伝説だと思う。外周だよ?一度は通るでしょって思ったのに、まさかの1回も通らないだなんてそんなことあるぅ?ってなったよ。ジェシーが通ったのもじゅりちゃんが通ったのもうれしかったよ。だけど、やっぱり自担が見たいじゃん。

ちなみに岩本くんにファンサいただいてなんかほっこりした記憶はある。

 

そんな、自担に干されがちで大体逆側に自担がいることが多い私ですが、和歌山でも大体北斗くんは近くにはいらっしゃらなかった…。まぁそうだよね、私そういう運命だよねって思ってた。でもだて様にハイタッチしていただけたのでなんかそれを思い出に、あとジャポ目に焼き付けようって思ったんですよ。ジャポを見に来たようなもんだから。これただけで十分じゃないかって。私ジャポ吸収しているなって。血管に流れていかないかなーって。体内に駆け巡らないかなーって思ってたんですよ。

そしたらね、ダブルアンコールで事件は起きたんですよ。

1階の通路に近い辺りで見ていたのですが、北斗くんはやっぱり近くには来なくて、あー、やっぱりこのまま近距離では見れないんだなーって思っていた。ら。1階上段に上がっていこうとした北斗くんが、ちらっと振り返ったんです。全然下段側を見る気なんて多分無かったんだと思うんですが、ほんと、何の気なしに振り返ったんでしょうね。

振り返った北斗くん、私のいた列だけ北斗担5人たまたま横並びでいたのが目についてくれてこちらに寄ってきてくれたんです。寄ってきてくれたから、無意識に手を伸ばしたら、

手をギュって、握ってくれたんですよ。

ぎゅ…

ぎゅっ!!!!!!???????????????????????????

 

 

はああああ!????????????????ちょっとまって、ギュって!!?!?????????????????????!???????

 

説明しますと、右の掌を差し出したので、恐らく右手で北斗くんは上からそっとぎゅって(握りしめるまではいかない)してくれたわけですね…。

今世紀最大、かつ恐らく一生あの近さで北斗くんを見れる日なんて金輪際ないとおもうんですが、近くで見た松村北斗くんは、

・とにかく光り輝いてた(しんどかった)

・お肌綺麗だった。ちゅるちゅるだった。(しんどかった)

・笑顔だった(まぶしかった)

・美しすぎて多分まわりの人も死んだ(だよね)

・私は勿論死んだ。一度死んでまた生き返るそんな魔法をかけられていた(YES、I'mゾンビ)

・というか、松村北斗くんってホロじゃなかったんだ!?生きてたんだ!?人間??人間なの???あれが私と同じホモ・サピエンスなの?????(多分ちがう)

・多分北斗くんはホモ・サピエンスというより、天使か何かかと。(真理)

 

大体こんな感じです。皆さんが知っている通りの天使でした。

そんな事がコンマ1秒で脳みその中駆け巡ったんですが、すぐに

「うわああああああああああああああああああああああああ」っていいながらその場で泣き崩れて、大号泣のままトリプルアンコールの記憶もあまりなく終了。

隣にいた北斗担のお姉さんも本番前に「北斗くん近くに来るといいな。ハイタッチとかしたいな」っておっしゃってましたが、私の酷い泣きっぷりにドン引きしたのか、慰めていただきました。その節はありがとうございましたお姉さん…。とてもマナー意識のしっかりしてらっしゃるお姉さんだったのでお隣にいて嬉しかったです。

 

一瞬私何が起きたか分からなかったのでハイタッチしたんだと思ってたんですが、ぎゅだったそうです。幻だったんではって思ったけど、でこさんがばっちり見てて証言してくれました。夢だけど、夢じゃなかった…!!!!!!!!!!

右手握りしめたまましばらく泣いたままだったんで、絶対不審者にしか思われなかったこと間違いない。でも、その後数時間右手使いたくなくてどうにかがんばってました。洗いたくないじゃん!?いや洗ったけど!!

終演後現実になかなか帰ってこれなくてふわっふわしたままごはん食べてましたが、あれ現実だったんだな…って今思いだしてもなんか泣きそうです。

 

ちょっとここ数ヶ月仕事とか仕事とか仕事とか、主に仕事のせいで現実辛すぎて、大好きなジャニーズですらどうでもいいって思う日もあって、むしろ死んでしまいたいって思う日もあって、留まった日もあった中で「少年たち」を見に行ける機会を得られて、「JAPONICA STYLE」に人生狂わされてから、ここ1ヶ月くらい、私今生きてるの楽しいです。仕事相変わらず辛いけど、合法麻薬「JAPONICA STYLE」を吸収できてなんだか人生楽しいです。でもそんなジャポを見せてくれる「少年たち」がもうちょっとで終わっちゃうとかウソでしょ!?私ジャポなくなったらどうやって今後生きていけばいいの!?ってマジででこさんに言ったら、「死ぬかもしれない私」と大真面目に返ってきました。私もでこさんも、末期です。ジャポなしじゃ生きられないカラダにされてしまった…!

というわけで、少年倶楽部さんは至急SixTONESの「JAPONICA STYLE」を「少年たち」で行った演出と同じように、布使って収録、放送してください!!!!お願いします!!!!!!!

シャブ(ジャポ)が足りなくて死にそうです!!!!!!!!!!!!!!!!

 

…え、同じような人っているでしょ?「JAPONICA STYLE」が足りなくて死にそうなお仲間、いるでしょ??????

 

あと、全然関係ないですが、でこぽんさんのブログにSnowManお兄さんの素敵ポイントをたくさん教えてくださったみなさん、ありがとうございました。私も勉強させていただきました!

(でこさん、こんなブログ書いてました。これストの時も最初に書けばよかった!)

ponkandekopon.hatenablog.comあかん、SnowManも沼だ…。

 

出来ればSixTONESのお仲間さんも、SnowManのお仲間さんも増やしていきたいな…。

 

アイドルってなんでしょうね。本当のって何なんでしょうね。

いつの間にか90日以上更新していなかった為広告が出てしまったので、なんとなく、最近ぐるぐる考えていたことを書いてみる。ぐるぐるしているので、あんまり意見がまとまっていないので、身勝手なオタクが身勝手なことを言ってると思ってほしい。

 

最近ぐるぐる考えている事がある。

アイドルって何だろう。ファンって何だろう。あと、「本当のファン」ってなんだろ。って。

 

ちょっと前に転職をした。職場が変わると大体聞かれるのは趣味の話だ。

私はジャニーズのファンであることを恥ずかしいと思っているわけではないけど、興味のない人にわざわざ場のつなぎとして相手が興味ない話をさせたくないので、ジャニーズに興味がない人のところでは話さない様にしている。それでも、趣味は?と聞かれると、「寝ることと、ジャニーズです」と答える。この「ジャニーズです」には「ジャニーズのCDを買い、DVDを鑑賞し、コンサートに行き、出演するテレビを何度も見てラジオもたまに聞く」が、全部ひっくるめたことを言う。

「ジャニーズです」というと「え?どのグループが好きなの?」と100%聞かれる。そりゃそうだ、向こうは世間話として一応聞くしかないのだ。

「まぁ、いろいろかじってまして。オールマイティーです。ほぼほぼ。」という。

あながち間違ってはいない。主たるところはあるにせよ、本当に、まぁ大体のグループちょっとずつは興味をもってかじらせてもらっている。私はアイドルという虚像が好きなのだ。本当に、ただただ好き。だから興味の度合いは違うにせよ、少しずつ試食品のようにかじっていく。

アイドルといってもジャニーズだけでもいろんなグループがある。

農家兼アイドルのTOKIO兄さんもいれば、キラキラ王道アイドル嵐もいるし、生き残るためにアイドルはナンバーワンを目指しつつもオンリーワンの道も模索し続けている。

どんな形でも本人たちがアイドルというならばアイドルだし、アーティストというならばアーティストなんだと思う。アーティストっていうのもまた曖昧だけど。

 

私はとても勝手ながら自分の中でアイドルというものに定義を持っている。

コンサートでキラキラと輝きながら歌って踊る。それが私の中ではアイドルだ。

これは別に私の中だけの定義なので正しいとかそういう風には思っていない。けど、

ただ私のなかではアイドルとはそういものだと思っている。

手越さんが以前、アイドルはいろんな経験が出来る云々という話をしていた事があるとおもう。本当に私もそれは思う。歌も踊りも演技もバラエティも小説書くことも絵を描くことも出来るのがアイドルの強み。だからバンドやっててもアイドルだし、めっきりCD出していなくても舞台で活躍していればアイドルはアイドルだ。

それでも私のなかのアイドルというものの定義は歌って踊っているという点なので、手越さんがいっていたアイドルの強み、アイドルの特権の範囲からずれる。とても個人的な、身勝手なずれ。

ここ数年、エイトのFCの更新をずっと躊躇っている自分がいた。理由は簡単、エイトからアイドル(ここで言うところの歌と踊り)としての姿を見れなくなる日が来る気がしていたからだ。それを何となく感じたのは「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」が発売された時だ。アルバムを購入して再生した瞬間、あぁ、もうこのコンサートはきっとバンドメインで、踊っているエイトは見れないかもしれない…。そう思った。実際、エイトは「関ジャム」が放送開始されてからバンドに注力しているのはわかっていた。むしろ、私は関ジャムを毎週楽しみに見ているし、バンド演奏しているエイトが好きだ。好きだけど、でも、ガシガシと歌って踊るエイトを無くさないでほしいと思った。まぁ、元よりそんなに多くはなかったけど。

メトロックにエイトが参戦した時、ワイドショーを見ながら「エイトすごい!かましてこいエイト!!」って思った反面、やっぱりもう、バンドに注力するんだな…と、あぁ、やっぱりそうなんだなと思った。久々に申し込んだジャムコンは当選。きっと、これがエイトの最後の現場になる。

 

でも、お分かりの通りこれは自分の身勝手な理由によるFCとのお別れだ。

好きなことには変わりない。好きなんだ。とても好きで好きで。エイトのバラエティを見ると元気になれるからいつだって録画している。イケメンカメラ目線スポーツは何度見ても笑える。お気に入りはオリラジ回。でも、一番見たい踊って歌うエイトがもう望めないなら、お茶の間エイターになってもいいのかもしれない。私はアラブの石油王でも何でもないので財源は限られている。私の一言でエイトの方向性が変わるわけでも無いし、逆にいえばそんな事にはなってほしくない(そもそもそれはない)

ファンって我儘な生き物だなって思う。自分を含めてファンってほんと我儘。ああなってほしい、こうなってほしい、こんなのは嫌だ、あんなのしてほしくない。

確かに、アイドルとファンの関係性は金銭で成り立っている。FCの料金から始まりCDの売り上げや視聴率で彼らの活動範囲は決まる部分が大きい。ある程度こちらの夢をかなえてもらうのが支払っている金銭に対する供給だと私は思っている。

アイドルは夢を売るのがお仕事。だけどアイドルは人間なので完璧ではない。だからファンのすべての願いを叶えられるわけでもないし、ファンの意のままになるわけじゃない。

それでもこうであってほしいと思ってしまうエゴをやめられないものなのだ。

人間だから願ってしまうことも、人間だから批判してしまうこともある。

アイドルのやることに苦言を呈すると、そんなのファンじゃないとか、ネガキャンになるとか言われた事がある。私はツイッターで好き勝手言う事に躊躇いはないし、苦言を呈することはよくある。でも、それって間違っているのだろうか。

正しいファンってなんだろう、正しいって何だろう。

 

あんだけエイトFCもう辞めるとか言ってたけど、もしかしたらコンサート行って「やっぱむりぃぃぃエイト好きでしかない更新決定!!!」ってまた言いだすかもしれない。そんな私をもしかしたら「一貫性がない」「あんだけぐちゃぐちゃ言ってたのに図々しい」「エイトの全部を好きになれないなんてファン失格だ」とか言われるかもしれない。

そうなのかもしれない。そうなのかもしれないけど、本当にそうなの?

一時期「本当のエイターは~」ってツイートをたくさん見たことがある。本当のエイターは、エイトの全部を好きでなければエイターではないんだろうか。だとしたら、エイターって一握りしかいないんじゃないだろうか。でも、本当のエイターがすべてを好きなことというならば、偽物のエイターってなんだ。

本当に、ファンって難しい生き物だ。定義がないから各々解釈がすれ違う。これはエイターだけに限らず、本当のパーナ、本当のとびっこ、本当のジャス民、その他いろいろに多分言えるはずだ。本当のって、何なんだろう。書いているうちにだんだん面倒になってきた。

みーんな仲良くできればどれほど楽なんでしょうね。本当も偽もない世界って、無いんですかね。無いか。

それでもみんな同じ世界に生きているんだから、同じ意見になるべきだなんて言わないけど、他者の意見を受け入れないのではなく、貴方の意見はあなたの意見。私の意見は私の意見、まぁ違うこともあるよね。程度に思えれば…いいのにねって、思う。

 

こんなこと私が言ってても仕方がないので、とりあえずみんな今すぐ好きなアイドルのDVD見よ!アイドルは世界を救う!アイドルで安寧を保とう!(投げやり)

 

東西SHOW合戦に行って、一度死んでまた生き返るをくりかえした話

 

なんだか寒かったり暑かったりしますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は生きてたり死んでたりを繰り返しながらジャニーズ見る為に生きてます。

どうも、あかりです。

 

さて、そんなこんなで!!いってきました!!東西SHOW合戦!!!

以前つらつらと好き勝手ブログに書きましたが、私は松村北斗くんが好きでして。

どこが好きといえば、全部好き♡(cv.岡本圭人)というくらいには好きなのですが、

どうしても生活のサイクル的に少年倶楽部の収録に応募することは出来ないので、

コンサートまたは舞台などを当てなければ生で見ることは叶わなかったのですが…。

取れちゃったよね、チケット。

今回も案の定でこぽんちゃん(@ponkandekopon)と一緒にコンサートに参戦。当たったのは私が1回分申し込んだチケット2/25昼公演2枚だけなので、コンサートで言うところの初参戦でオーラスです。

「あわわわわ、どうしよう、本当に来てしまった…。」と内心震えてましたが、ささっとグッズを買い、指定の席に着席。

ところでみなさん、ポスターは買われましたか?私は最初悩んだのですがWファイルが速攻売りきれたのと、下手したら自担の最初で最後の公式ポスターになりかねないとおもって買いました。どこに飾ろう。まさかジュニアのポスターを買う日が来るとは…。感慨深いです。

場所としては3階席だったんですが、前の方だったのでそこまで見づらいこともなく、前回のなうぇすとコンで新調した双眼鏡ちゃんでガン見しました。

 

さて、こっからはジュニア初心者によるジュニア初心者の語彙がなくなった感想です。

とびとびで書いてますので。

 

・IN THE STORMかっこよすぎる

無理。かっこいい。むり。最初っから死んだ。SixTONES登場からかっこよすぎかよ。

でこぽんちゃんがセトリを調べてプレイリストを作ってくれたので手配できる曲に関しては聞きこんで行ったし、IN THE STORMは既に少クラで披露しているので勿論聞き馴染みのある曲なのですが、生のかっこよさやばい。やばいしかない。(語彙力とは)

OPからバリバリかっこいいので来られて既に一回死んだ。

・BIG GAME

こんなツイートをしたのですが。申し訳ないながら、私ジャニーズWESTを好きではあるものの、関西ジャニーズJr.には興味がなかったんです。何でかといわれればとても単純。好みの顔がいないから。それって結構普通のことだと思うんでまぁ置いておき。それと、関東に住んでいると関ジュを見る機会って本当にないんですよね。だから余計に馴染みもない。なのでちゃんと、しっかり見るのは初めてに等しかったのですが。

向井くんは良くしゃべっているので顔と名前が一致。西畑くんは現関ジュの絶対エース兼センターでドラマ出てたので名前と顔が一致。大西くんはいわゆる"ちびりゅ"って聞いたことあったのと、小さいので一致。

でこ「で、もう一人は?」

あか「…………レポで…おかんで…ツッコミ一人で大変そうな……室くん………なお顔は…選択肢が残り1なので…わかった…」

という感じ。このBIG GAMEで登場した時は「あー、そうだよな、関ジュのほうが2人少ないんだっけか。対等じゃないなぁ」などと思っていたわけですが。今後まさか室くんと向井くんにフルボッコにされるだなんて、この時点では思いもしなかったわけです…。

・NEXT STAGE

ほんとこれな!???!??

ネクステで見た向井くんのダンスのキレの良さに正直びっくりしすぎてなんかいろいろ吹っ飛んだ。ネクステのC&R忘れそうになった危なかった。どうして!!誰も教えてくれなかったの!!!向井くんこんなにダンスうまいの!!!!室くんが歌うまいの!!!でこさんと「やばい」「どうしようやばい」「むりむりむり沼むり怖い無理」と言い合いながら凝視。別に西畑くんと大西くんがヘタとかそう言う事じゃなくて、意識したことのなかった人にいきなりかっこよさの暴力振るわれて私の動体ボコボコにされてる。あとあれですね、室くん、黒い衣装が似合いすぎて100点万点。

この時点でお兄ちゃん2人目が奪われるあかでこ。

・I・ZA・NA・I・ZU・KI

いざないづきは卑怯だよぉぉパーナさん大好きいざないづきだよぉぉぉ(号泣)って言いながら見ました。なんか、あれだよね。すとんずの衣装七五三か北九州の成人式のようだよね…。でも松村くんは120点美しかったです。(贔屓目)

・誘う

ヒッ!!!!関ジュの方が和装かっこいい作りなんですけど!??!??!?てか西畑くん和装似合いますね!???!?!?

・猫中毒

死んだ。(2回目)

いやだって、ちびりゅが猫なんだよ?!かわいくないわけがないじゃん!??!?

あの年頃で可愛いのって正直抵抗感があると思うのですが、可愛い時期なんて限られているので、可愛い時期に可愛い人はそれを最大限に活かして売っていくべきだと私はおもうので、猫チューを選んだ人には金一封あげたい。あーかわいいあーかわいいっていってたらきたよね、本命。

あーーーーーむり、あの猫ほしいよーーーおかーーさーーーん!!!!ほくにゃんほしいよーーーーーー!!!!!!!!!

むっちゃかわいかったです。松村北斗というアイドルは自分の見せ方をよくわかってらっしゃるプロのアイドルなので、いかに猫になって可愛く見せるかっていうの本当に分かってた。無理。かわいいほしい。猫チューに北斗くん選んだ人、金一封じゃ済まないのであと何差し上げればいいか教えてください。

あと大西くんと北斗くんと京本さんのかけ合いはほんと良くできてるなって思いましたが、最後の組体操はどうした!?何があってそうなった!?

・Striker

ねえ、それにしたって慎ちゃん爆イケすぎやしない?

ここ最近でこさんともっぱら話題なんですが、森本くんイケメンすぎやしませんか。

ちょっと痩せたっていうのは気づいてたんですけど、そうじゃなくて何かが前と違う。成長か。成長期の男子恐ろしいわ。ふって気づいたら全然違うことになっちゃって!一挙一動が爆イケすぎておののく。田中くんと森本くん並ぶと高校のなかでもハイカーストofハイカーストの爆モテDKにしか見えない。そんな2人そしてつい先ほどから目を奪われた室くんがこれまたキスマイパイセンのゴリゴリかっこいい曲やるもんだからかっこいいの増し増しすぎてどこ見ればいいか分からない。

ゴリゴリした曲が大好きな私はなんかもうパニック。ここにジェシ―くんが本当はいたらしいそうですが、捻挫の為今回はなし。危なかったー、ここにジェシ―くんいたら私多分かっこよさでパニックになって奇声発してました。人として生きながらえた。ありがとうジェシ―くん。捻挫早くよくなるといいね。

・コント

まぁ実際はよく知らないんですが、ジャニーさん来てたらしいそうで?昼公演はいろんなレポで見てきた回収しきれないほどのボケと下ネタがほぼなく、好奇心で見てみたかった「街一番の美人(であり痴女)の松村さん」は見れず、おみ足見せてきて赤い紐パン振り回す松村さんこと谷間汗北美さんを堪能しました。

それにしたって、北斗くん美人過ぎやしない?

あと、室くん本当にお疲れさま…。

・Bring it on

無理…無理かっこいい…これ以上沼に落ちたくない…

なんか震えながら見守ってた。最初の顔と名前が一致しなかった私出て来い、殴ってやる。

・Shake It Up

ば、バカレアだあああああああああああああ

・Amazing

曲を自分たちの物として使いこなしててなんかもう最強すぎやしない?かっこよすぎやしない?なに、殺しにかかってるんですね?いや、むしろ何度も死んではいきかえってますからほんとこれ以上殺しにかからないで…!!衣装といい曲といい歌詞といい、「SixTONESとはこれである」というまさにな曲でした。

・アンダルシアに憧れて

ほんとは全員でやってほしかったなぁとはおもったんですが、またもキレッキレのダンスを見せつけてきた向井くんにより無事ボコボコにされた…。京本くんも西畑くんもかっこよくて、ジャニオタって多分アンダルシア見ると勝手に興奮するように仕組まれてると思う。いや、だってダークなスーツ着ているジャニーズがかっこよくないわけないじゃん?ちなみにこれにもジェシ―くんが本当はいたそうですが以下略。でも見たら惚れて死んでたので多分これでよかった。

・Real Face

じゅったあああああああああああああんんんんんんん!!!!!!!!!!!

田中くんがラップやってるとは聞いていたけど、生で聴くといろいろとなんか涙でそうになりました。あと、Real Faceをあんなにエロく踊る松村北斗は多分エロの申し子なんだと思う。私の目が汚れてるんじゃない。北斗くんが申し子だからだ。

・FIGHT ALL NIGHT

お?ここはSUMMERYかな??関ジュとすとんず、戦うの??戦っちゃうの??

NEWS VS KAT-TUNの再来だな???

ってマジで思った。

途中なんかの曲で全員で円になった時もSUMMARYかな?って思ったけど、最後にもう一回思ったよね。

 

って、いう。ざっくり感想でしたー。

途中物騒な感想が並びましたが、でも本当に盾持っていかなかったので関ジュにフルボッコにされました。誰だよ!!関ジュのパフォーマンスすげえんだぜ!って教えてくれなかったのは!!!!!!

でもね、人ってきっかけがなければやっぱり気づかないものなんだと思うんです。ある日ほんの少しのきっかけで、見え方が180度変わる。今回の関西ジャニーズJr.に関しては本当にこれが該当してるなと。でも、私はここで気づけてよかったなって思ってます。3月に控えてるなうぇすとコンで、今回の4人は出てないけど、でも関ジュの見方がきっと変わる。変わるというか、興味の持ち方が変わるだろうし。

 

今回SixTONESを、むしろ北斗くんをメインに見に行くためにチケットを取ったわけですが、まぁそれは確かに変わらず、私の双眼鏡は9割9分北斗くんを見ていたけど、残り1割でジェシ―くんも高地くんも田中くんも森本くんも京本くんも見て、みんなかっこいい!!!パフォーマンス能力高い!!歌唱力だって高い!!!なんでデビューしてないの!??!?って思ったし、室くんも向井くんも西畑くんも大西くんも見て、関ジュの良さに気づけて、目が奪われた場所はたくさんあり、1割だけどすごく濃厚な1割でした。

最初の方にツイート載せましたが、ジャニーズJr.戦国時代といわれている今において、SixTONESってすごく推されています!というわけではないと思うんです。関西ジャニーズJr.なんてもっと不利な位置に立たされていると。でも、この2組、この戦国時代において勝ち抜くだけの勝機は十分にあるとおもう。だからこそ、もっともっとチャンスを与えてあげてほしい、特に関ジュはもっとあってもいいのではと、思ったわけです。

勿論、他のジュニアのパフォーマンスを生で見ていないのでほかの事はどうこう言えないけど。

 

それにしたって、ほんっとーに楽しかった。

楽しくないコンサートなんてまぁほぼほぼないんですけど、粗削りの原石たちのコンサートって、デビュー組とはまた違った楽しさがあって本当に楽しかったし、もっと応援したくなりました!

何より、生きてるうちに松村北斗くんを生で見れて幸せでした!!!!

北斗くんって、何であんなにも美しくてかっこよくてエロくて儚いんでしょうね?

 

次は幸運にもジュニア祭りが当たったので、またいろんなグループが見れて一度死んでまた生き返ったり、フルボッコにされるんでしょう。どこのグループに盾つくらなきゃいけないのか想像もつかない…けど、とても楽しみです。

 

 

極楽温泉という松村北斗くんに落ちた話。

 

わたり‐どり【渡り鳥】

繁殖する地域と非繁殖期を過ごす地域とが離れていて、毎年決まった季節にその間を往復移動する鳥。ふつう南北方向に移動し、日本では、越冬するカモハクチョウなどの冬鳥、繁殖するツバメカッコウなどの夏鳥、春・秋に一時滞在するシギチドリなどの旅鳥がある。 秋》木曽川の今こそ光れ―/虚子
外国から日本へ連れてきた鳥。クジャクオウムの類。
定住せずに方々を渡り歩いて生活する人。渡り者。流れ者。
(デジタル大辞泉より)

「あかりしゃんとでこぽんさんって、渡り鳥みたいだよね」といわれた事がある。主に一つのグループだけを追うのではなく、ジャニーズ事務所に所属している様々なグループを追っかけて一定の地(グループ)にいないからだ。私たちはその時一番自分たちのなかでアツいグループにキャーキャー言っているけど、だからと言ってそれ以外のグループが嫌いになったわけではないので、私もでこぽんちゃんも、どこのグループが一番好きとは言わない。言えない。どこのグループも好きだから一番を決めるのが難しいのだ。これが男女間だったら一夫多妻制もいいとこだが、ありがたいことに男女間の話ではないので許されている。
実際、許すもなにもアイドルを応援するスタイルは十人十色だから、それを誰かにとやかく言われる覚えはない。もちろん、一つのグループだけを純粋に追い続けている方からしたら「私はこの人たちだけを見てるのに、他グループに浮気してやがるのに調子よくキャーキャー言いやがって」なんて思われるかもしれないけど、まぁ、人それぞれのスタイルがあるじゃない。

あかでこ(私、あかりとでこぽんちゃん二人まとめた言い方)は現在NEWS,関ジャニ∞、Hey!Say!JUMP、ジャニーズWESTをメインに渡り鳥をしている。ちなみに、あかでこの出会いは嵐だった事もあり、嵐に関してもある程度は知っている。そして私の場合はそのラインナップの中にKinKi Kidsも入ってるし、タッキー&翼は必修科目だとおもっているし、でこぽんさんの場合ジャニーズの目覚めはV6だったので、V兄さんだって興味があるそう。あと一般人に毛が生えた程度ではあるがKAT-TUNは好きだし、Kis-My-Ft2Sexy Zoneは興味あるし、ほんと節操なしって言われてもおかしくないかんじである。ただ、それでも一貫して二人で言っていた言葉がある。

「ジャニーズJr.にだけはハマらない。いや、ハマってはならない」

これは二人の共通認識だった。いろんなグループにハマるごとに、いろんな方と出会う中でジュニアの布教をしてくる人だって何人もいた。だが、私は「…いやぁ、ジュニアにはハマるなと先祖代々からの言い伝えで…」と、ありもしない言い伝えを作ってまでジュニアに触れる事は避けていた。勿論言われた相手は本気にしてないものの、「えー、楽しいのにー」といって更に語ってく人もいるし、「そっかぁ」としょぼんとしながら話を止める人もいた。それくらい、ジャニーズJr.というものを危険に感じていた。

ジャニーズJr.というと、皆さまご存じの通り、ジャニーズ事務所に所属しているアイドルはみな通る道、研修期間であり仲間兼ライバルたちと切磋琢磨し合いプロとしての意識を磨くそんな下積み期間だ。ジュニア期間は短い人もいれば長い人もいる。そして様々な理由で辞めていく人も、沢山いる。デビュー出来る人は本当にほんの一握りであり、辞めていく人が大半だ。あんなにも雑誌で表紙飾っていたのに、というジュニアだって、いつのまにかひっそりと辞めていく。それがジャニーズJr,というアイドルたち。本人たちから辞める旨を聞かされることはなく、辞めてから噂で辞めたと人伝に聞いて知る。…最近はSNSの発達で突然アカウントが出来て辞めたことを知るっていう新手の方法もあるけど。
まぁそんなわけで、ジュニアはいつデビュー出来るか、辞めてしまうか分からない。だからこそ一生懸命応援していて失うことの悲しみを思うと手を出す事は出来ないと私たちは考えていた。
…考えてたのにねぇ…

うっかり松村北斗沼に落ちたよね。

松村北斗くんというと、ジャニーズJr.の一人でありジュニアのグループSixTONES(ストーンズ)というグループに所属している。一番有名どころだと「私立バカレア高校」で準主役をやったりなどなどしている。詳しくはWebで!
北斗くんに関して最初に知ったのはでこぽんさんから「私松村北斗くんが気になるんだよね」と数年前に言われたところから始まる。ジュニアには手を出してはならないと先祖代々からの言い伝えなのでできるだけ見ない様にしてきたので、私は最初しらなかったのだが、言われてアイドル誌を見て知ることとなる。知ってから雑誌を開くと見るようになっていく。そしてどんどん松村北斗という存在にひかれていったわけですが。

「もしもジュニアに手を出すとしたら松村北斗一択だ。もう全てにおいて好きしかないしツボなの」と彼女は言っていたが、上記同様の理由により目をそらしていたのだが、それが最近、爆発した。遠目から見守ろうと思っていたのに、勢いがまったく止まらない。多分、好きを閉じ込めすぎた反動だ。ちなみに、爆発させたのはほかならぬ私のせいだ。自覚がある。私が巻きこみました。…というか今までも巻きこんできたけど。

森で小さく松村北斗焚火をしながら「あったかいなぁ、焚火いいなぁ」と言っていたのに、横で私がいきなり松の木を3本くらい斧で切り倒して火炎放射器で燃やし始めたからだ。(ちなみに、松の木は油分が多いのでよく燃える。まつぼっくりとかもめっちゃ燃える。小さい頃にキャンプ場で松の枝を火の中に投入しまくった)
小さな焚火はもはや焚火どころか火事になってる松の木に巻きこまれ、その松の木たちも火力が強すぎてまわりの木を燃やし始めて山火事が発生、もう何ヘクタール燃やしてるか分かんない。なのに全然火事が収まらない。

…とまぁ、何を言ってるのか簡単に言えば、見守ろうと思っていたでこぽんさんに「ねえ無理ほっくん好きしかないんだけど無理抑えられない無理好きねぇちょっと一緒に沼落ちよう?(引っ張る」って言ったかんじ。まんまと一緒に落ちた。
今まで抑えてたせいで反動がひどすぎて、でこさんに至ってはこんなブログまで書いてしまった始末。

ponkandekopon.hatenablog.com

これほんとわかるわー。全面同意だわー。むしろ私が書いてよって言ったせいだけど。

 

今まであんなにもジュニアを追うことを避けていたのに、何で突如手を出したか。それは、「いつ辞めてしまうか分からないから」なんですよね。

「いつ辞めてしまうか分からないから触れるのが怖い」と思っていたけど、「いつ辞めてしまうか分からないから、辞めてしまうその日まで応援したい」という風に思い始めたわけですよ。今までザ少年倶楽部(少クラ)を見る機会って無かったのですが、ジャニーズWESTを追うようになってから毎週見始めるようになったんですよ。そうすると、

必然的にジュニアを見ることになる→見るとなるとやっぱり興味ある人を優先的に見る→「あー、ほっくんかっこいい…」→「あああ、なにほっくんこんなかわいい表情ずるい」→「あああああ無理エロいどうしたのほっくん!!!」→「…無理…好き…無理…(頭抱える)」←ハイ、完成!

大体こんな感じになるわけですよ。好きのゲージが限界突破した瞬間に、でこぽんさんに速攻連絡し「ねえ無理ほっくん好きしかないんだけど無理抑えられない無理好きねぇちょっと一緒に沼落ちよう?(引っ張る」と言ったわけです。もう、好きが止められなくて、失うの怖いとか言ってられなかった。失う事は、失ってから悲しめばいい。

さて、好きが突き抜けて山火事起こしているわけですが、まず最初にチェックし始めたのは過去の少クラ。だいぶ編集してしまったけど、まだ残ってる部分ありました!過去の私GJ!見返すたびに「かっこいい」と「かわいい」と「エロい」と「無理好き」を繰り返すしか出来ない語彙のなさ。元より語彙がないのに、どんどんなくなる一方。

次に、本棚に向かい過去のアイドル誌を片っ端から引っ張り出す。2013年からついに解体することをやめて一冊丸ごと残すことにしたことが功を奏し、2013年からのほっくんがたくさん見れる。過去の私GJ!でも月により無いのがちょっと痛いけどまーしゃーない。とにかく見たことのある画像がそこに誌面として残っている事に感謝だし、なるほど、こんなことをしゃべっていたのか、と確認して私の心がほくほく。

あか「ねえちょっと聞いてよでこさんこのほっくんけしからん無理好き(画像添付)」

でこ「わかる」

というやりとりを引くほどお互い繰り返してる。やばい。

更に昔ブルレイに焼いておいたガムシャラ!の最終回を引っ張り出して見始める。あーー、仕事で苦しいときは「気持切らすなって!!」って脳内でcv松村北斗で再生しなければって改めて思った。好きしかない。でも最終回と昼間にやってたSPしか残ってない。…え!?残ってない!!???私もっと焼いてなかった!?と思ってDVDボックスをひっくり返すけどない。うそー!?ねぇなんで私…焼いてないの…つらい…バカなのわたし…。(ちなみに、でこさん家には私が昔焼いたほくほく北斗があったそうです)私の周りにはジュニア担の友人はいないのでガムシャラ焼いてもらえないという悲劇。こんなんならばもっと昔から落ちてりゃよかった!

打ちひしがれながら文明の利器を使ってバカレアを見つつ、「あーそう言えば深夜にやってた…なんで見てなかったんだろう…」とか、「何で少年たち申し込まなかったんだろう」とかいろいろ反省点が多いけど、ハマる時ってタイミングがあるので、まぁそういうことだったと…自分の心をごまかし…後悔…する日々…はぁ。

見れば見るほど好きになる、好きしかないって言葉しか出てこない。

ジャニーズJr.って、どのグループの現場に現れるか分からないんですよね。予測は立てられるけど、確約されていない。しかも、デビューしてるわけじゃないからシングルが出るわけじゃないし、コンサートDVDが出るわけでも無いから、直接現場に行かないとなかなか本人の活動を見れない。そのうえ、最近いろんなグループが出来て滝沢帝国以来のジャニーズJr.戦国時代と化しているので、現場も限られるし、グループが多い分だけ一つのグループが出られる部分が限られてくる。その昔ジュニアに手を出す事に戸惑っていた時にその部分に関しては「ジュニアを追うのは地獄だよぉ…だって何も確約されない世界だよ辛すぎる…」と私たちは話していた、の、だけど。

正直、私の天使岡本圭人より仕事があるんだけど!?

 

実は、最近ちょっとしんどい。いやちょっとじゃない。岡本圭人くんが好きすぎていよいよつらい。つらいというのは、ジャンプ内の格差が埋まらないことに比例して圭人くんが好きになりすぎて辛かった。私はとてもとてもネガティブ思考な人間なので、現状圭人くんにあまり仕事が回ってこないことがとても苦しいし、いつかチャンスの順番が回ってくるなんて考えられないでいる。このままだとジャンプはこれ以上飛躍しないで終わるかもな、と考えてる節があるからだ。助走期間に圭人くんが事務所からプッシュされていろんな番組に出て認知される日が、本当に来るのだろうか。本当に事務所がジャンプを売りたいというのなら、今年は伊野尾さんだけではなく髙木くん、薮くん、圭人くん辺りを押さないと全体の認知度を上げられずに結局今までと同じことになる、と私は思う。まぁ、そこはいい。

私はただのファンだ。彼の身内でもないし、事務所関係者でもない。だから、応援することしかできない。一方通行の思いだし、自分勝手なエゴだ。業が深すぎる。でも、彼が日の目を見ないかもしれない世界に耐えられない。思えば好きになると一直線になりすぎる傾向があるので、ほんとコレ悪い癖だなぁって思うけど、もう直しようがないでしょう。

さて、圭人くんを好きすぎて拗らせまくってた中、好きが募りすぎて山火事を起こしてしまっている北斗くんに関してはどうなっているのか。

正直、現状に満足しすぎててここは地獄かと恐れてましたが、沼どころか天国でした…!!!

北斗くんって、丁度いい間隔で仕事をもらえているんですよね。ドラマとか。あとは歌割りとか。SixTONESは主にジェシーくん、京本くんがダブルメインボーカルで成り立っているんですが、北斗くんのパートってピンポイントで決め手になる部分を多くもらえてる。程よく満たされる仕事量。もっといろいろ出てもいいのになとは思うけど、ジュニアにしては結構コンスタントに仕事もらえてると思う。そういうところでガス抜きされる分、思うところがあまりない。これってすごい事なんですよね。推され過ぎず、干され過ぎず。まぁちょっと前に推されてたといわれてましたが、最近の急激な伊野尾慧の推され具合を見てきた分これくらいが程よいと思ってしまうのは仕方がない。…デビュー組と比較するのはアレだけど。

唯一言えるのは、ガムシャラ!が放送終了しちゃったのが本当に惜しい。

もっともっと心が荒む一方なのではと思いきや、程よく心が満たされていく上に、ジャンプに関して距離を置いて向き合えるようになったのでなんかすごくありがたい相乗効果。何か今とってもいい距離保てててほんと気持ちが楽!こんな方法で楽になるのもどうかとおもいますけどね。

 山火事になった時には「バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ」(2016年9月公開ジェニー・松村北斗田中樹主演映画)は私の住む地域では公開終了していたので知っている書店を駆けずり回ってインタビュー記事が掲載されてる雑誌を片っ端から買い、ツイッターのRTでSexy Zoneの「Welcome to Sexy Zone Tour」DVDにバックとしてちょこちょこ映ってると聞いてブルレイぽちったし、あと私が今出来る事は何だろうかと日々模索している。仕事しろよ仕事。

 ジャニーズJr.がデビュー出来る可能性はとてもとても低い。北斗くんがデビュー出来る確率は、とても低い。それはきっと彼だってわかっている。その可能性は計算して出すよりも、ただただ運でしかないとおもう。かの相葉雅紀はパスポートを持ってたからデビュー出来たという話があるように、本当に運が良くてデビューできた、という感じなのだろう。勿論、人気や実力があってもデビュー出来なかった人はたくさんいて、人気や実力がそんなになくてもデビュー出来た人だっていただろう。でもそれもすべて運次第。彼に運があるかは、誰も分からない。

でも、いつ辞めてしまうか分からないけど、私とでこぽんちゃんは「松村北斗がジャニーズJr.として生きてきた証をひとつでも多く目に焼き付けたい」と考えてる。彼の人生の中で大きな財産になるであろうジュニアとしての活動を、もし彼が辞めてしまって時の流れによって忘れられていったとしても、私たちは忘れたくない、だから、怖がっていないで率先して目に焼き付けていこう。デビュー出来たら…、そうね、泣いちゃうね。そう話し合った。率先して目に焼き付けていこうと意気込んでますが、見事に「JOHNNY'S ALL STARS ISLAND」(通称ジャニアイ)は外れました!えー!早速現場行けないじゃーん!ジュニアの世界はいつでもキャパの分だけいつでも戦争状態。果たしていつご本人を見ることが出来るのやら。

「ジュニアにハマったら地獄だ」「ジュニアにハマったら辞めた時の悲しみがつらい」と散々思ってきたわけですが、今松村北斗沼に落ちて、むしろ天国というより極楽温泉だと思ってる。あったかくて幸せ、あー楽しいし気持ちいい。この温泉ちょっと山奥にあるからもっと手頃なところで入れるといいなー。なんなら温泉の元作って全国展開出来ればいいのにー。超効能がいいんだけど!出来ればいいなー。みたいな。勿論、全国展開=デビューね。

こんなにいろんなグループに浮気してたら淳太くんに素焼きにもしてもらえなくなるだろうけど、やっぱり私は加藤くんも横山さんも淳太くんも、そしてなにより岡本圭人くんがとても好きで、ジャニーズという素敵宝石箱の中の素敵な宝石たちの中に、ほっくんという素敵な原石を入れられてよかった。ジュニア担のみなさん、初心者ですがよろしくお願いします。

 

最初にも書いたように、私は渡り鳥なのでクリスマスはジャニーズWESTと一緒に過せることになったし、年末年始はジャンプと過ごしたいなと思ってるし、年始にジャニーズWESTと再会したい。6月頃にはNEWSのコンサート行きたいけど、とりあえずほっくんに会いたいんですけど!!チケットふってこーい!

たくさんの個性豊かな止まり木に寄って、それぞれのグループのアイドル活動を全力で応援したい。どこのグループが一番とか、誰が一番とか言いきれないけど、少なくともジュニアは北斗くんだけを見ていたい。彼のアイドルとして輝いている姿を、私は応援したい。

 

 ちなみに、松村北斗くんのどこが好きかって? 全部です。

 

今!岡本圭人が気になって~ 略して2016年度版ママコレ

みんなーーー!!!!!ついに岡本圭人単独表紙きたよーーー!!!!!

どうしよう。ワクワクがとまりません。あかりです。duet(ホーム社)のHey!Say!JUMPソロ表紙シリーズ、ついに岡本圭人の出番がくるってさ!どうしましょう!(二度目)

今からそわそわしっぱなし。ほんとに来るの?とか問いただしたくなる。来ないわけはないんだけど。現在前日の6日です。あと数十分で10月7日になってしまう。朝になれば本当に私の手元に圭人くんしかいない表紙が手に入るだなんて夢かもしれない。

加筆修正してたら結局7日になりました…。本当に表紙んい圭人くんがいる…夢だけど!!夢じゃなかったああああ!!!!!!ばんざああああいい!!!!!

昼間に本屋に行ってちょっと涙ぐみながら複数冊買ってきました。店主のじいちゃんに「これ同じものですが」といわれましたが、「はい、大丈夫です」ってすげぇ凛々しい声で言ってしまった。

 

最近一段と圭人くんがかっこよくなった…いやかっこいいよりも麗しくなったと思うんですが、担当の贔屓目でしょうか?むしろ親バカだからでしょうか?

(圭人くんのファンに名前をつけるとしたら「お母さん」と2016年6月号ポポロで圭人くんが言ったため、圭人くんファンの間では『圭人くんファン=ママ(またはお母さん)』という共通認識に)

 

さて、去年も書いてみたんですが、今年も素敵な雑誌に巡り合う事が出来たので、2016年度版「今!岡本圭人が気になって気になって仕方がないけど、何から手を付けたらいいか分からない人の為の今年ならまだ手に入るかも?マストアイテム雑誌厳選集(略して2016年度版ママコレ)」を書いてみようと思います。今回は購入しやすいように比較的最近出たもので構成。あくまでとても主観的な内容ですが、最近MUSIC STATION ウルトラFES 2016でもどうやらうちの息子は目に留まったというか、これまでにないほどカメラに抜かれていたというママたち(圭人くんファン)が歓喜の涙を流したので、あの姿で気になった人はきっといるはず。

今ならまだ間に合います。ウェルカムオカモトケイト沼!優しくて自ら入りたくなっちゃう沼へようこそ!

 

 

①うちの子の努力がついに実った!まさかここで取りあげていただけるとは!

日経トレンディ(日経BP社/2016年6月号)

日経トレンディといえば、去年「彼こそ真の癒し系 心優しきジェントルボーイ」と素敵な言葉をくださった日経エンタテイメント!も発行している日経BP社の月刊雑誌。エンタテイメント!とは違ってどちらかといえば名の通りトレンド情報を中心としたビジネス雑誌であり、取りあげていただいた6月号はTOEICと英会話をメインテーマとして扱っている号です。

まって、英語関連の号だと!??!?

正直夢かとおもいました。いやだって、一人で!?まさかの!?どうして!?と。雑誌見るまでは信じまいと思って店頭に行って情報誌コーナーで開いた瞬間「オォ、ジーザス…」ってまぁ呟きましたよね。TOEICや英会話の特集、ヒット商品進化の系譜、レストラン列車試乗ルポ&完全リスト、などが書いてある中に突然の岡本圭人。もう衝撃しかない。本当に載っている!!夢じゃなかった!!ちゃんと1ページですがしっかり載ってます。「英語詞パートは『僕の見せ場』 達成感の積み重ねが英語のコツ」という見出しから始まり、留学の話をさらっと流し、アジアツアーで通訳を行ったことが嬉しかった話や、海外ドラマや映画が生きた英語の勉強になると話しており、ページ数は少ないながらも、とても貴重な一冊かと思われます。

 

②かつてこれほどまでに衝撃的な始まりと衝撃的な終わり方はあっただろうか。それでも泣いて喜んで英国紳士にフォーリンラブした伝説の雑誌。

「ROLA」(新潮社/2016年7月号、2016年9月号)

裕翔くんには「FINEBOYS」、山田くんには「Myojo」、そして有岡くんと伊野尾さんには「with」。もちろんお分かりの通り、これらは彼らが単独で連載を行っている雑誌である。裕翔くんの場合は連載というよりはモデル業だが、毎月載っているというカテゴリーでは同じということにする。私は以前より「あーあー、圭人くん、女性誌で連載とか来ないかなぁ。何ならやまけと(山田・岡本)でカフェ関連の連載とか持てないもんかねぇ」と常々言っていたのですが、そんな予兆はどこにもなかったわけですよ。「英語関連のお仕事こないかな」「雑誌連載とかこないかな」「バラエティのレギュラーとかこないかな」など夢を見続けているわけですが、そんなある日、突如として降って来た「岡本圭人がROLAで連載を持つ」という情報。一人で!?まさかの!?どうして!?(2回目)衝撃しか走らない。何があって選ばれたんですか!!!選考理由おしえてください新潮さん!!!!と言いたくなるくらいには衝撃的だったし、とにかく嬉しくて嬉しくてたまらなかった。私はわかった瞬間に書店でアルバイトをしてる知人に連絡を取り、速攻定期購読をお願いしたくらいには嬉しかった。さぁ記念すべき1回目は何冊買えばいい?と浮かれまくり。

その連載のタイトルは「英国紳士のフォーリンラブする♡ ワンフレーズEnglish」という。

「あーーーー、もう既にフォーリンラブしてたわーーーーーー(頭抱える)

もう遅かった、すでに最初っからフォーリンラブしてた。見る前から落ちてました。でも読んで再度フォーリンラブしちゃうわーーー!!!」

意気揚々と定期購読をお願いした店で中身を見ずに購入し家に帰って何の情報もなくとにかく連載のページを開いた瞬間の私の口から出た言葉です。いや、言うよ。絶対そう思ったママたち(圭人くんファン)沢山いるって。いるいる絶対。

夢の様な連載はメンバーを生徒として迎え、英国紳士圭人先生が恋に落ちちゃうワンフレーズをマンツーマンで教えてくれるという趣旨。一回目の生徒は知念ちゃん。今回のワンフレーズは

「Can you take me out?」

これ、女の人が言うセリフをチョイスしてるんですね。さすが女性誌。なるほど。

知念「え、女性からtake outお願いするのってどういう意味なの?」

岡本「take outって日本では"お持ち帰り"みたいな意味で使われるけど、英語では違うんだよね。ロマンティックなフレーズで、そこからラブストーリーが始まるの。」

 

なにそれ最高かよ。岡本圭人のくちから「ロマンティックなフレーズで、そこからラブストーリーが始まるの。」とか言われたらもうそれだけでロマンティックなんですけど。とまぁ、2ページに渡って知念ちゃんと圭人くんのお写真と会話が入った記事で構成されています。これだけのために定価620円払っているんですけど、私としては価値のあるものかと。620円なんて安いもんですわ。だって圭人くんから英語教えてもらえるんだぜ?圭人くんの直筆が見れるんだぜ?お写真の写りも女性誌ならではのきっちり過ぎず、でもテーマにあった衣装でとても素敵。もう一度言いますが、620円なんて安いです。(モンペ)

これから一体どんなワンフレーズを隔月で見れるんだろう、せめてジャンプちゃん1周、いや3周くらいしてくれないかな。夢はでっかく是非単行本化!

って思ってたんですけどね。

いやーーーーーーー、まさかの2回目(9月号)で休刊だなんて。連載二回目で本誌が休刊だなんて。んなバカな。何よりもROLa(創刊当時はROLAじゃなかった)は松本潤くんが映画「陽だまりの彼女」の公開で特集されてたんですよ。その当時まだ嵐に熱を入れまくってたからもちろん買ったし、女子ドルでも特に好きな乃木坂46の生駒ちゃんも載ってし、ジェシーくんは清川あさみさんとコラボして綺麗な刺繍の世界で美少年執事だったしまぁだからなんてかー、とてもオシャレな雑誌だなって。こういうのに自担が連載を持てるのが本当に嬉しくて嬉しくてたまらなかったんですよね。今までとまた違う層のファンが増えるかもしれないという期待も含めて。

休刊だなんて…あんまりだよ……

というのはもう、どうにもならないので置いておきますが。

2回目にして最終回になってしまった9月号では光くんを生徒に迎え、前回よりも1ページ多い合計3ページで構成されています。今回の胸キュンなワンフレーズは

「You are my "Treasure"」

 いや、むしろ圭人くんが私の宝物ですわ。

岡本「『君は僕の宝物だよ』って日本語で言うのは、ちょっと恥ずかしいでしょ?」

八乙女「うん、言えないねぇ。恥ずかしい!」

なんだこのカワイイ会話は!!!!お前らが私の宝物だわ!!!光くんの事をお兄ちゃんと思っている節がある圭人くんと、そうは思ったことがないというけどやっぱり面倒見のいいお兄ちゃんにしか見えない光くんの"ひかけと"コンビってかわいいですよね。ギュっとかわいさが凝縮されたページになっております。

何よりも連載がこんな短期間で終わってしまったので、永久保存版として是非ママ(圭人くんファン)になりたい方は持っていた方がいいかと。

 

③安定のカワイイしかない

「QLAP」(株式会社音楽と人/2016年6月号)

ただただ可愛い。以上!!!

(可愛いは正義って単語、これのことだなっておもう。)

 

 

 ④うちの子真剣天使(マジエンジェル)!!!!!

「ポポロ」(麻布台出版社/2016年8月号)

いや、ガチでエンジェルなもんだから私は夢でも見たかな?あれ?おねむでしたっけ?って思いましたけど現実ですし雑誌ですし販売されてましたわ。8月号のテーマは「Hey! Say! JUMP~麗しのEDEN~ 親和の国から舞い降りた、美しき神々(ミューズ)」

…え、どこの二次元仕様だよこれ!?

もうテーマからしてぶっ飛んでる。他のアイドル誌では絶対にお目にかかれないぶっとび加減。さすがポポロちゃん。いつでも頭のおかしさ全開あっと驚くテーマを持ってくるので今回も…まぁもう、びっくりしましたわ。最初のページの絶対エース山田涼介が美の境地とは俺の事といわんばかりでヤバイ(語彙力皆無になる仕様)。有岡くん、伊野尾さんと来て、ぺらりとページをめくったら真っ黒な衣装にカラスを従えて光くんがこっちを見てる。…え?!天使だけじゃないの!?てか知念ちゃんが黒い衣装着てるだと!?あんなに可愛い知念ちゃんが!?衝撃が大きすぎます。髙木くんはなんだろう、似合いすギルティ。さらにぺらりとめくると我らがエンジェル岡本圭人が超絶天使でやばい(語彙力)やばいしかいえない。なにこれ本物の天使じゃん。

こんなHey! Say! 二次元にしかみえないJUMP総じてヤバイ(語彙力とは…)

その様な夢のような世界がお好きな方は是非ご購入を。私はもうこれ大きく引き伸ばして高級そうな額縁買ってきて「岡本圭人くんいつもありがとうございます」って謎のお祈りしなきゃダメかな?って思い始めてます。

 

⑤お肌がちゅるんちゅるん過ぎてわけがわかんない!かわいい食べちゃいたい!

「duet」(ホーム社発行/2016年9月号)

この号の表紙はジャニーズWEST。あれ?単独表紙でもないし、何か魅力があるとこあるの?と思われるあなた。この号では裕翔くんの写真コーナーの被写体が圭人くんの番であり、セブンメインのラジオ、「ブルボンプレゼンツHey! Say! 7Ultra JUMP(うるジャン)」の7月21日放送回、つまり圭人くんがパーソナリティーの回の取材が載っているのです。つまり岡本圭人回のduetということ(若干大げさ)。

被写体圭人くんはまーなんてかっこいいんでしょう。まぁ!なんてかっこいいんでしょう!!!(大事な事なので2回いう)"光と影"がテーマだそうですが、シンプルな黒のタンクトップを纏いカメラのレンズの前に立つ圭人くん。どうしましょう、岡本圭人かっこよすぎます。裕翔くんありがとうほんと…。

そんなかっこいい圭人くんですが、ラジオの取材ページではライトの加減かもしれませんがちゅるんちゅるんなお肌。ぽやーっとしたお顔。なんだ?天界の6歳児だな!?結構本気で言ってるよ?こっちだって。

この号ではけいとりんとゆうとりんの「とりんとりん」コンビの話をしています。かわいさ爆発させてます。圭人くんのラジオがお好きな方はマストアイテム間違いなしです。

 

⑥ギュッと詰まった決意を見て、いつか開花する日を心待ちにしております。

「ポポロ」(麻布台出版/2016年5月号)

ポポロでは今年に入りHey! Say! JUMP10周年に向けた企画として「9年目の自画像」というコーナーを連載しており、第4回目にあたる5月号で我らが圭人くんが登場します。本人が自身のことについて語るものとしては以前の記事で集英社発行のMyojo 2014年6月号で掲載された「10000万字ロングインタビュー『裸の時代』~僕がJr.だったころ~ 岡本圭人編」というのが出ており、ポポロはどのような切り口で書くのだろうと楽しみにしていたのですが。

9年目の自画像という事で、今の気持ちを中心に語っています。仕事と私生活のオンオフを作らず自然体の自分であろうとしている話や、もっと仕事漬けの日々をおくりたいという願望、そして何よりもメンバーに「あぁ、これで俺たちも安心して圭人のことを放っておけるわって言ってもらいたい(笑)」と語っています。彼はメンバーは先輩であり芸歴という意味でも、その他の意味でも「メンバーの中でいちばん下」と述べていますが、正直言って本人からその言葉は聞きたくなかったなぁという気持ちもあったし、圭人くんにもっと努力をする実践的な機会がほしい、まぁつまりはドラマなりバラエティなり、もっと努力してそれを吸収し披露する場所を与えてほしいと改めて考えさせられた…のですが。あくまで私は。この圭人くんから語られる今後への野心を、いつか「圭人くん、昔言っていた事が叶えられたね」と言える未来を迎えられるよう、どうか事務所のお偉いさん、もう少しチャンスをください!

…なんだか重いこと書きましたが、圭人くんが圭人くんの事について語る機会はあまりないので、人となりを知りたい方にはぴったり!是非一冊!

 

 

この他にも「月刊TV fan7/30~8/31」とかもかわいいし、かわいいのありすぎてどこまで紹介すればいいかわからないのですが、とりあえずまずは「ROLA」は是非ご購入いただきたいなとだけは思います。ほんっと。永久保存版ですもん。

既にママの方にはなんら必要のない情報ばかりでしたが、そういや買い逃してたっけ?という方、そして、なにより圭人くんに興味を持ち始めたけどさて何から買えばいいのかと迷われている方の参考になればいいなと思います。

 

あと、欲を言えば「真剣SUNSHINE」初回限定盤1は探していただきたい…。セブンちゃんたちの「パーリーモンスター」は最重要マストアイテムです…。圭人くんの英語詞が爆発してます。かっこいいです。圭人くんの為の曲といっても過言じゃないくらいには。見つけたら是非買っていただけると。

 

 

仮面舞踏会に参加するまでの準備のはなし。

今年の夏は早かった…

といわけでお久しぶりです。私の夏が終了しました。そんなわけで、今回も相変わらずコンサートのセトリや感想そっちのけでコンサート参加するまでの、コンサートをいかに楽しむかという準備のお話を書きたいと思います。

 

Hey! Say! JUMPライブツアー2016「DEAR.」8月13日昼公演に参戦してきました!いや、参戦ではないですね、今回の場合は。いうなれば「招待された」でしょうか。初日にしてオーラスだった私の仮面舞踏会。本当は夜公演も申し込んだのですが、残念ながら夜の舞踏会の招待状はいただけませんでした。

基本的に、アルバムが発売されるまではほぼ曲を聴かずにアルバムが発売されてCDをセットして初めて「アルバム」を聴く、というちょっと古い手法でいつも過ごしているので、「とても良い」「期待できる」と事前にツイッターでたくさんのファンが喜んでいる言葉を見ながらアルバムが届くのを楽しみにしてました。アルバムを聴くまではそれ以外にアルバムに関する情報もあんまり仕入れすことをしない。まぁその結果アルバムに関しての発言などは今もあまり仕入れてないので、ご本人たちがどういうことを言ったかは知らないのですが。それを前提にしているので、リード曲「Masquerade」をきいた瞬間、DEAR.コンのメインテーマは「Hey!Say!JUMPから仮面舞踏会に招待された」だと勝手に思っていたのですが、まぁそんなに間違ってない解釈だったかなぁと。

私ともはやブログレギュラーである親友でこぽんちゃんは先ほども書いたように、今回13日昼公演だけの参加となってしまいました。たった1回の公演をいかに楽しむか。その為に導きだした答えは、「仮面舞踏会に招待されたのなら、それなりの格好をしよう」でした。まず初めに、今回も年末と同様に岡本圭人担2人に声をかけ、4連うちわをやりたい旨を伝えました。2人で同じ喜びを分かち合うのはもちろん楽しい。けど、4人だともっと楽しい。その経験をもう一度やりたいと思い、以前より親しくさせていただいていた2人と参加することにしました。

よりコンサートを楽しむために何をするかと考えたとき、でこぽんちゃんと私はまずうちわの話を出しました。

でこ「さて今回はどんなうちわを作りますかね」

あか「前回は岡本圭人だったから、今回はまた違うアプローチしたいよね」

 そこででこぽんちゃんが持ちだしてきた案がこちら。

srdk.rakuten.jp

ジャニヲタ見聞録さんの記事。(勝手に引用させていただきました。ご都合が悪い場合おっしゃっていただければと思います)

反射蛍光シート?なにそれ!でこぽんちゃんから見せてもらって確かにこれは気になると食いつくあかり。岡本圭人担というのはやっぱり隠しようのないくらいジャンプファン比率で言うと少ないのが現実。圭人くんが一生懸命うちわを探してくれているのもやんわり知っているからには、やはり前回同様に「圭人くんのファンはいるんだよ!ここにいるよ!」と強く伝えたいと思うものです。その為にはこのうちわは良い効果をもたらしてくれるのではないか。もちろん私は快諾。残り2人にも承認を得て、でこぽんちゃんはうちわを作り始めます。

先ほども書いたように、前回は「岡本圭人」の4連でしたが、さて今回はどうするか。前回と同じあぷろーちでは面白くありません。そこで提案してくれたのは一緒に行くOちゃん。彼女が先日大阪公演で使った「圭人」うちわ(2枚使用、一枚に圭、もう一枚に人)で4連したらとても目立ったという話。これを使って見るのはどうかという意見でした。確かに、彼女が使用したうちわの写真を見て「これすごいなぁ」と思っていたので、全員の意見も一致し、「圭人」を4枚作ることに。

f:id:starrynight_sun:20160815184146j:plain

こんなかんじ。ライトにあたると本当に目立つ。光る。表面は「圭人」

f:id:starrynight_sun:20160815184204j:plain

裏面は「私たちがロミオ圭人くんがジュリエット」

(※大阪公演のオーラスでケイティ姫が出てきてくれたということで急遽これに)

めっちゃ目立つ!ジュリエット!いやケイティこっち見て!!!(残念ながらケイティ姫は各会場のオーラスごとにしか来日出来ないようなので、私たちは会えませんでした)

 

またうちわの打ち合わせ最中にでこぽんちゃんから「……あ。そうだ、せっかく舞踏会に招待されたんだから、パーティードレス着用にしようよ」という意見が。確かに。ご招待いただけたからにはそれなりの格好をせなばと。幸い、緑色のパーティードレスって思いのほか売っているので都合が良い。何より、緑のパーティードレス着た4人ってとても目立つ。

f:id:starrynight_sun:20160815184710j:plain

みーんな緑だよ!この集団がぞろぞろと歩いてたので結構ガン見されました…。いいんです、これも愛なんです。

いいねいいね!などと話している間パーティードレスを着るとなれば、もっとそれっぽくしたいと考えていたらふと脳に降って来たのが「せっかく舞踏会いくなら、仮面つけたい」という考え。でも売ってる仮面をつけるの邪魔だからこう、せめて髪飾り程度のものがいいんだけどそんなもの売ってるんだろうか。売ってなさそう……売ってないなら作ればよくね?そんなわけで、作っちゃいました。

①どんな仮面をつくるか検索する

ネットで仮面、マスクと検索するとまぁいろいろ出てくるのですが、さすがにヴェネチアンマスク作っても邪魔になってしまうので断念。一番作りやすい方法とは何かと考えた結果がグルーガンを使って作る方法でした。以前よりグルーガンを使ってみたかったのでなんていいタイミング!意気揚々と百均に買いだしに。

グルーガン本体とグルーを2パック、ついでにクッキングシートを購入。どんなんにするかなぁって言いながら下書きします。

f:id:starrynight_sun:20160815184436j:plain

デザインなんて習ったことないので下手なのはいうまでもない。

②油性ペンで下書きし、クッキングシートを上に敷きグルーガンでなぞる。

クッキングシートだと乾いたグルーが取りやすいので楽です。

f:id:starrynight_sun:20160815184454j:plain

グルーでなぞるの難しいのでどんどん図面と違うことに。まぁそれっぽくできてればいいでしょっていうずさんさも。

③ラッカースプレーで好きな色に塗装。

換気できるところで。私は外で蚊に刺されながらやりました。一応白で塗装してから金で塗装。

f:id:starrynight_sun:20160815190117j:plain

塗装と同時に仮面のサイドにつける飾りを作る。手芸店でそれっぽいものを買ってきて組み合わせます。今回は圭人くんのメンバーカラー緑の石と、「圭人くん天使!」って散々言ってるので、天使(?)の羽。それだけだと寂しいのでチェーンを数種類買って長さをうまーく調整して丸カンでとめます。全部をカニカンにくっつける。カニカンさえあれば他のものにくっつけられる。というわけで、その後も使ってもらえるようにかんざしも買ってくる。でこちゃんは毛量多すぎてかんざしが折れかねないのでイヤーフックにしました。

④もうちょい目立つように緑のラインストーンをくっつける

f:id:starrynight_sun:20160815184521j:plain

地道な作業がお好きな方にはオススメ。

ないよりはあった方が目立つような…そうでないような。

後ろに髪の毛に着けれるように金具を再度グルーガンで付けて完成!実質1~2日あれば作れるはず。

f:id:starrynight_sun:20160815184539j:plain

もっとチェーンあってもよかったし、羽根とかもつけたかった…。

というわけで、仮面も作っちゃいました!元よりハンドメイドは好きだったんですが、特に作ったことがあるわけでもないので初めて作るわけですが、意外と簡単に出来たので、みなさんも是非作ってみてください。

 

さて、この様な工程を経て、仮面舞踏会昼公演にご招待されてきたのですが、位置としてはスタンド最前なのできっと見えやすい!これは見つかりやすいぞ!と興奮し、周りに圭人担が誰もおらず、有岡担しかいないという非常に浮いた状況の中恐らく周りから引かれるレベルで圭人くんの一挙一動にきゃーきゃー騒いで4人で喜びを分かち合いましたが…。そうです、圭人くんからファンサもらえませんでした。多分。目は合いませんでした…。いやでも、圭人くんは生きているだけでファンサなので、まったく構いません。「圭人くん超かわいい!」「超かっこいい!」「天使!天使がいるぞ!!」「ああああ好きしかないどうしよう好き圭人くん好き!!!!!」っていう気持ちを最大限共有できて楽しかったのでオールオッケー!

いやでもほんと、パーティードレスは結構気分が高まるのでオススメです。

私の夏は終わってしまい、次いつじゃんぷに会えるか分からないですが、こういう舞踏会の参加方法もあるよ!結構楽しいよ!試してみてね!っていうお話でしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

中間淳太が狩りを成功させた話

実はこの日を私は非常にどきどき、そしてびくびくしながら待ち構えていた。

 

というのも、本日は「ザ少年倶楽部」で中間淳太くんがソロ曲「TAMER」を披露するからだ。すでに「ジャニーズWESTコンサート2016 『ラッキィィィィィィィ7』」で披露されているが、私は残念ながら申し込んでいなかったしもろもろの理由でチケットも探さなかった。いや探したところでお譲り倍率たとんでもない事になってたので、ありつくことは出来なかっただろう。とにかく、実際にコンサートが出来ず、非常に後悔していた。

それは恐らく約ひと月前、パリピポコンDVDが発売する話がでる前

あかり「ま、JEだしまだパリピポコン出さないようだし、ってことはラキセコンDVDなんて再来年だろうから随分私が見れるのは先だろうな…。」

そう思っていたのにも関わらず。その朗報はある日突然降って来た。

でこ「あかりしゃん!大変だ!少クラの収録でTAMERやったって!!!!!」

あか「!!!?????????????????」

確か私の親友ことでこぽんちゃんからの知らせだったと思う。まさか再来年どころか来月見れるだと!?この日ほどBSを契約しててよかったと思った日はないでしょう。実際いつ放送かという事はわからなかったが、今月のいつかには放送するだろう(なおうちのテレビの番組表には曲のラインナップは載っていない)。心臓が痛いぞ、などと思っていたら、4月13日18時更新のなにわぶ誌の中でお淳太様、いや、TAMER様が死亡宣告をなさった。

でこ「あかりしゃん、ぶ誌読んだ?」

あか「まだ」

でこ「まぁ見てみ」

(見てくる)

あか「ああああああああああああああああ死んだ」

でこ「ね、死んだね」

あか「あ、死ぬわこれ」

でこ「ほんとにな」

ここだけ読むとなんだか非常に不謹慎な発言ではあるが、もはや一度心臓が止まるのは目に見えていた。なんなら数分後には「死ぬ準備は出来ている」とかぼやいていた。

コンサート中「狩っちゃうぞ♡」と淳太くんが言い続けた言葉。

私は多分、生でTAMER様もとい「TAMER」を見たら確実に狩られてTAMER様のSlaveになるだろうと予感していた。何ででしょうか、そういう予感ってありません?

とはいっても、多分私のフォロワーさんは「むしろ今まで十分Slaveになってたよ」って思っていると思われますが、なんでしょう、本人まだあれでも若干抗ってました。

多分淳太くんに落ちたら、単純に応援する枠が増える「掛け持ちが増える」ではなく、その人を中心に応援する「本担にする」という方を選ぶだろうと思ったからだ。

(私は何グループも掛け持ちしているものの、じゃぁ誰か一人担当ですというならば誰の名を出すかといえば、加藤シゲアキくんをあげていたので、加藤シゲアキくんが本担となる)

(でも本当の担当=本担って、非常に失礼な話ですよね。そんでもって、それ以外が本当じゃないという風に言わなければならないのも何だか癪である。どのグループの担当も、同じように応援したい、好きだからこそ担当にしていて、だから掛け持ちにしているわけですが。)

淳太くんはただ掛け持ちとしての担当ではなく、それ以上に私の心臓を鷲掴んで離さず、私の中で不動の地位にいた加藤シゲアキを引きずり下ろすであろうと、そう思っていた。今書いてみて気づいたが、恐らく私はきっかけが欲しかったのだ。「死ぬ準備は出来ている」この言葉は既に降りる気満々と取れる。……なるほど、私降りる気満々だったか……。

案の定、「TAMER」を見た後の私は、するんと黄色ジャスミン(中間淳太くんのファン)になりますとツイートしていた。最後のひと押し。チョロすぎるだろ私。

どうしてこんなにも淳太くんが好きになってしまったのかという話は、まぁ誰も聞きたくはないでしょうけどきっとそのうちブログに書くと思われます。

 

あーーーーーーーーーー、「黄色ジャスミーン♡♡」って早く淳太くんにいわれたーーーーい!!!!!!!!!!!!!!

 

 

(このブログを読まれている方は恐らく岡本圭人くんの担当ないし、ジャンプファンが多いと思うのですが、もとよりこのブログはいろんなジャニーズに関して書 きたいことを勝手に書いているブログですので、これからジャニーズWESTの記事が増えるかとは思いますが、書きたいときに勝手にジャンプちゃんないし圭人くんの事は書くし、掛け持ちクソDDなのはまったく変わりません ので、ご容赦願いたいとおもいます。)